訪問診療をご希望の方へ
訪問診療をご希望の方へ
我が家で生活を続けるための医療

訪問診療(在宅医療) とは、具合が悪くなったときだけ医師が診察に伺うものではなく、 お一人で通院が困難な患者さんのお宅に、医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行う診療です。

当院では、多くの方が住み慣れた我が家で生活を続けるお手伝いをさせていただいています。

訪問診療をスタートするまでの流れ
1. お問い合わせ
訪問診療を希望される方は、お電話でお問い合わせください。

2. 初回面接
ご相談をいただきましたら、ご自宅に伺いし、訪問診療のご案内をいたします。
入院中の方は病院へお伺いし、主治医をはじめ病院スタッフと連携をとります。

3. 診療計画の説明と同意
患者様、ご家族様のご希望をうかがい、疾患や状態に応じた診療計画を立てます。

4. 訪問診療の開始
月二回程度、定期的に訪問し全身管理をおこないます。
訪問回数は状態に合わせて調整し、必要に応じて検査も行います。

 

まずは、電話・メール・FAXにてお問い合わせください。

 

急な発熱や体調変化の場合も、
365日24時間対応できます。

次回の訪問診療まで待てない場合や、緊急な容体悪化などが生じた場合は、主治医がその都度対応いたします。


緊急時の往診につきまして主治医が対応できない場合には、連携医師が訪問する場合もありますのでご了承願います。


万一ご容体が悪化し、病院での入院治療が必要となった場合に備えて、近隣病院等との連携を行っております。その他の病院等で今までに入院、通院履歴などがある場合、また緊急時の入院希望先病院がある場合には、予め当院までお申し付けください。

 

訪問診療が行える地域

埼玉県 川越市、鶴ヶ島市、狭山市、ふじみ野市

※上記以外の地域にお住いの方もご相談ください。

対応可能な検査

・血液検査

・尿検査

・心電図検査

・エコー検査

・内視鏡検査(提携機関にて予約検査)

・CT検査(提携機関にて予約検査)

・MRI・MRA検査(提携機関にて予約検査)

対応可能な処置

・各種薬剤の点滴、注射

・高カロリー輸液の管理、中心静脈カテーテルの留置

・経管栄養(胃瘻・胃管)の管理、胃瘻の交換

・気管内吸引

・酸素療法の管理(在宅酸素法)

・腹水穿刺、胸水穿刺

・褥瘡(床ずれ)の処置、創傷処置

・尿カテーテル、腎瘻の管理・処置、導尿

・人工肛門の管理

・がん末期などの緩和ケア(痛みの治療)、在宅での看取り、ターミナルケア

・脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血)、脳腫瘍等の継続的加療

・認知症(アルツハイマー型・脳血管障害型)、パーキンソン病などの神経難病の加療

・高血圧、糖尿病など慢性疾患に対する継続的加療

訪問診療にかかる費用(例)

参考例として、月2回の定期訪問で
自己負担1割の場合の費用をご覧いただけます。

例) 個人宅にお住まいの方 ... 概ね7,000円 / 月